さて、以前から「やる」と言いつつ結構引っ張ってしまいましたが、お待たせしました!
PSO2cβのストーリーのおさらいをやります!

公式ブログによると次回テストについての発表が5月末になりそうということで、やるならブログ記事のネタが切れるこのタイミングでやっとかないと…という感じです。はい。
#PSUは今週メンテ休みだし!

当ブログでは過去、PSpoシリーズ、PSUEP3(第7章以降)などでストーリーのダイジェスト記事をやってきましたが、それのPSO2版になります。
相変わらずSS保存率が微妙だったり記憶が曖昧だったり文章力が無かったりして中途半端ですが、その辺はまぁ適当に流してください…w


さて、恐らくこのブログの読者の大半がcβをプレイしていて、大半がストーリーも一通りプレイしたと思われますが、そこそこ長い記事になったので、記事を折りたたんでおきます。

それでは、本文は「続きを読む」にてどうぞ!



A.P.238年、2月20日、午前10時半、惑星ナベリウス上空キャンプシップ―――

2人の新米アークスが、ナベリウスに降り立とうとしていました。

アフィンとプレイヤー。
アークスになるための最終試験と訓練のためにこの惑星を訪れ、そこで偶然ペアになった2人。
しかしあんまりやる気のないアフィン。アークス側の説明にもなんだか懐疑的。
(ここで「10年前の悲劇」という今後に繋がりそうなキーワードが登場するのですが、残念ながらSSを撮り損ねてました…今後のストーリー進行に期待です)

さて、ナベリウスに降り立った2人。
オペレーターのヒルダさんに合わせて、チュートリアルを兼ねて動き方の確認を行います。
キャラクターの操作、攻撃などを一通り確認しつつ進みます。


その途中、雑談しつつ進む2人。アフィンは人探しのためにアークスになったといい、戦闘や試験はどうでもいいとのこと。
ところが、その時…


緊急警報が鳴り響き、ナベリウスにはいないはずのダーカーが現れます。
ダーカー、それは「アークスの敵で、宇宙の敵で、全てを喰らい尽くすもの」


CHAPTER 0
THE DAY I WAS WAITING FOR[ずっとこの日を待っていた]


さて、何とか逃げつつその場を切り抜ける2人。
しかし、目の前で他のアークスがやられるなど、遂にピンチに陥ります。
しかしそこでお約束(?)。1人のアークスが現れ、2人を救いました。


そのアークスは名前も名乗らずに、プレイヤーの方をじっと見つめます。
「なんだか見覚えがある」と言いますが、初対面のはず。
とにかく、今はこの場を切り抜けることに。


そして最後のダーカーの群れもフォトンブラストで一掃し、無事にキャンプシップへ帰還することができました。

そのキャンプシップで、結局自己紹介してなかったゼノと、結局遅刻して間に合わなかったエコーが改めて自己紹介。

何故ナベリウスにダーカーが現れたのかという謎は残りますが、それを考えるのは上の仕事。
この後2人がロビーを少しだけ案内したところで、チュートリアル兼序章が終了します。


さて、ここでショップエリアに行くと、イベントが発生します。

シオンが現れ、なんだかよく分からないことを言われて、マターボードを渡されます。


そのマターボード。
既に大半の読者がプレイしていると思われるのであまり説明する必要はなさそうですが、特定のサブイベントを見たり特定のアイテムを拾ったりすることでボードを埋めていき、それによりストーリーが進行する、という感じのものです。

という訳で、マターボードを埋めつつ、いくつかサブイベントを見ていきましょう。

相変わらずエコーの遅刻癖に悩まされるゼノ。その間にプレイヤーにクライアントオーダーについて教えます。
これでクライアントオーダーが解禁されます。


自称「アークス一の情報屋」、パティとティアの姉妹。
2人は複数回イベントで登場しますが、アークスの中枢について触れていきます。

アークスの中枢にあり絶対命令権を持つ6人、『六芒均衡』
その中で特に有名な3人、レギアス、カスラ、クラリスクレイスの3名から成る『三英雄』
(なお三英雄は襲名制で、レギアスが初代、カスラが2代目、クラリスクレイスが3代目。まだアークスの歴史はそんなに長くないようです)
彼らは一般アークスにとっては一目みるだけでもなかなか大変な存在のようです。

ここら辺のメンバーは、後々ストーリーに深く絡んできそうで楽しみです…と思いきや。

いきなり一人目出てきたし!w

アークス六芒均衡の六、ヒューイ。(「六」と自称しているので、6人には数字による順位付けがある模様?)
どうもそんな風には見えませんが、彼の話によると、どうやら「ほぼ強制」でなるみたいです。
でもそういう立場になっても彼のやることは変わらず、人助け。
(まぁプレイヤーにとっては少々お節介だったようですが…w)


…とりあえず今回はここまで。
この後マターボードをある程度進めていくとストーリーが進行するのですが、そこから先は次回お届けします。

といったところで今日はこの辺りで!次回をお楽しみに!
  1. 00:00 |
  2. PSO2 |
  3. トラックバック:0 | 
  4. コメント:0
<<【PSU】「怪異溢れる三叉路」配信! | ホーム | 【PSO2】ストーリーおさらい・後編!>>

Comment List

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

トラックバックURLはこちら
http://elpsu.dtiblog.com/tb.php/1118-d81ffded
 |