まずは少しだけ情報から。

12月19日・20日に幕張で行われるジャンプフェスタでのPSpo2の出展内容が決まりました。
ゲーム内ではレアミッションであるPSO森ステージをプレイできるそうですよ!
そしてジャンプフェスタということで、キャラクターはジャンプ作家コラボの服&武器で戦います!

ここで、ジャンプ作家コラボの武器を思い出してみますと。

叶恭弘先生デザイン:アートジャベリン【スピア】
澤井啓夫先生デザイン:怒れる焼きマシュマロ【セイバー】
藤崎竜先生デザイン:流動在・心乃臓【ナックル】
うすた京介先生デザイン:松葉杖【ダガー】
武井宏之先生デザイン:TRUE HASH【アックス】
矢吹健太朗先生デザイン:えこえこステッキくん【ロッド】

…射撃武器1つもないじゃん!
HuとFoだけのPSO森!…いやまぁRaがいないと困るミッションではないですけど。

ちなみにプレイした人には特製ネックストラップがもらえるそうです。
ちょっと欲しい!行かないけどね!

さらに、今週発売のジャンプ本誌orVジャンプについている引換券を切り取って持っていくと、オリジナルコラボ武器「剛剣アンカーキング」がもらえるみたいですよ!
こちらもPSO森ステージで実際に使うことが可能だそうですが、これもソードなので、結局射撃武器ないじゃん!w

なお、剛剣アンカーキングは後日無料で配信予定だそうですので、地方在住者の人も一安心。

ちなみに、今週発売のジャンプ本誌にはジャンプコラボ関連のパスワードが全て載っています。
Vジャンプの攻略本は無理でも、ジャンプ本誌なら漫画のついでに買っちゃえますので、気になる人は要チェックです。


さて、今日はPSpo2のストーリーで最後に残っていた、サイドストーリー「英雄たちの輪舞曲」をお届けしたいと思います!
クリア後に追加されるサイドストーリーで、少し難易度は高いですが、是非頑張ってクリアしてみましょう。

それでは、
◎もうクリアしたから大丈夫!
◎PSpo2のストーリーが気になる!
◎ネタバレ上等!かかってこい!


…な皆さんは、「続きを読む」へどうぞ!


ここからです!

ストーリーは、事件後のライア総裁の演説からはじまります。

インヘルト社主導の亜空間研究はあんな形で終わってしまいましたが、グラールの資源枯渇問題は解決した訳ではありません。
ガーディアンズ主導での研究を続ける、との演説を行うライア。

…その演説を聞いてる、エミリア・チェルシー、そしてプレイヤー。
ふと、エミリアがとある疑問を口にしました。

以前から協力関係にあったガーディアンズはともかく、最終章の演説のシーンでどうして巫女様(=教団)やカーツ(=同盟軍)の協力を得ることに成功したのか。


その答えは、あの「空白の6時間」にあったのです。

以下、チェルシーの回想という形で話が進みます。

「決行は6時間後」と決めて一時解散した直後、プレイヤーにとある人物から通信が入りました。

その人物はナツメ代表。とある依頼をするためでした。


あの時、シズルの「死の意識」に対抗するために、ライア・カレン・カーツの3人が演説をしてたくさんの人々の「生の意識」を集めましたが、その意識を集めるためには3惑星の亜空間装置に「仕込み」をすることが必要でした。
その役割をプレイヤーとたまたま手の空いていたチェルシーが請け負うことになったのです。


という訳でまずはパルムへ。
ラフォン草原をモンスターを討伐しながら進んでいきます。

ところが、ある程度進んだところで、突如同盟軍の司令官であるカーツから通信が入ります。

原生生物が凶暴化しているので、広域兵器によって攻撃するから退避してくれ、というもの。

ですが、そんなことをしては当然そこにある亜空間装置も壊れてしまいます!それではグラールは救えません!
チェルシーは止めるよう言いますが、なかなか話を聞いてくれないカーツ。

…そこで遂にチェルシーがしびれを切らしました。

カタコト口調はどこへやら、突然カーツに対し怒鳴りだしたのです!


なんとチェルシーはかつて軍で『硝煙女帝』として恐れられていた教導官だったのです!そんなんありー!?

という訳でカーツを説き伏せて、そのままボスとしてディ・ラガンを撃破すればパルムでの仕込みは終わりとなります。

…ちなみに、

だ、そうです。
また、「バラしたらバラすよ?」とも仰っていたので皆さん誰かに話すときはくれぐれもご注意の程を!(?)


さて、続いてモトゥブへ向かいます。舞台は鉱山エリア。
到着直後、ライア総裁から通信が入ります。

助っ人を派遣したとのこと。

とりあえず合流を待ちつつ進んでいき、火山エリアに到着します。
しかし、原生生物が多く苦労しているところに…

助っ人・イーサンきたー!
英雄さんを助っ人に遣すとはガーディアンズも太っ腹ですね!


「自分は英雄じゃない」と謙遜するイーサンに対して、チェルシーがこんなことを。
「英雄は、1人じゃない。」とは、かのPSOのキャッチフレーズ。あのセリフがこんなところで出てくるとは!

という訳でイーサンが加勢して、3人でビル・デゴラスを撃破すると、モトゥブエリアは終了。


続いてニューデイズ!
そこで再びライア総裁から通信が入ります。

という訳で、やっぱりニューデイズの仕込みも3人にお任せ。
3人でミズラキエリアを進んでいきます。

…しかし3惑星目、しかもかなり敵が多めということでお疲れ気味。
そこに…

カレンがきたー!

教団の連絡がつかなくなったのは単純にカレンが退避させただけのことでした。

PSUのEP3のラストで自分は巫女ではないと公表したカレンですが、現在もガーディアンズにいながら教団とかなり近い関係にいるようです。

…ちなみに。

かつての教官の前で下手に喋るとまずいのは同盟軍もガーディアンズも一緒のようです。

という訳でこの4人で、3体目のボスとしてゾアル・ゴウグを撃破するとトライアルは終了になります。


これで仕込みは完了。
すると、事情を聞いたカレンが。

グラールのために、再び巫女になり呼びかけることを決めます。

…ここら辺、パルムでのチェルシーの台詞「グラールを救うためなら、捨てた過去でも何でも利用するまで」に通じるところがありますね。
カレンとチェルシーって境遇的によく似てるなぁ。

それと同時に、ライア総裁とカーツ司令官から通信が入り、協力を約束します。


…そして、

グラールの未来はリトルウィングに託されたのです。


…以上で「英雄たちの輪舞曲」はおしまい。
最後にエミリアが「何か隠してない!?」とプレイヤーに詰め寄りますが、何も隠してないですよ!ねぇ?
#エミリアには「チェルシーがその時の出来事を回想して語っている」ので、当然チェルシーの過去がエミリアに伝わるはずもなくw


これでPSpo2のストーリー関連イベントはほぼ全て終わりです。
実は一部クライアントオーダーで会話イベントが少しだけあるのですが、そこは皆さんの目でお確かめ下さいませ。

但し、私はストーリーがノーマルエンドだったので、今後グッド&トゥルーエンドをやるかも!?
その時はお楽しみに!
  1. 00:00 |
  2. PSportable/portable2 |
  3. トラックバック:0 | 
  4. コメント:0
<<GCミッションの新武器・12/10追加編 | ホーム | PSpo2新DLミッション!>>

Comment List

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Track Back

トラックバックURLはこちら
http://elpsu.dtiblog.com/tb.php/541-a0634da8
 |